ベルタ酵素飲み方

リバウンドしてしまう原因と防ぐポイント


リバウンドとは、英語で「跳ね返り」の意味。
ダイエットを止めた後に体重がダイエット前に戻ってしまう現象を言います。

 

ダイエットをしてリバウンドを繰り返すことや不規則な食生活では、
かえって太りやすく痩せにくい体質に変わってしまいます。

 

リバウンドしてしまう原因とは?

 

 

いきなりダイエットをして摂取カロリーを極端に減らすことで、
  急激な体重低下が起こります。

 

⇒ その結果、脳が飢餓状態であると感知して
⇒ カロリー消化が節約されて、中性脂肪として蓄積されます。
⇒ 身体は、太りやすく痩せにくい体質に変わってしまいます。

 

 

 急激に摂取カロリーを極端に減らしてしまうと、
  筋力の低下が起こります。
⇒ 基礎代謝量より摂取エネルギー量が少なくなることでエネルギー不足
⇒ 筋肉を分解してエネルギーを作るため筋肉量が減少、
⇒ 基礎代謝の低下は、消費エネルギーが減少して太りやすくなる。

 

ダイエット中は、満腹感に変化が出てくる!
⇒ 「レプチン」と言う脳の満腹中枢を刺激する物質がダイエットをすることで徐々に少なくなってきます。
   そのため、ダイエットを止めたり中断した場合、 

 

   「レプチン」の量が適量に戻るためには約1ケ月ほどの時間がかかります。
   その結果、食事の料をもとに戻しても満腹感が得られないため
   かえって、食べすぎてしまうのです。

 

私たちの身体は、細胞を飢餓状態から守ろうとする働きがあります。
いつも摂取できていたエネルギーが得られなくなると、脳が食べ物を得られない飢餓状態であると察します。

 

そのため摂取したエネルギーをだきるだけ節約するように身体に命令します。
その結果、少しのエネルギーでも活動をまかなえることができるようになり、

 

今まで太らなかった食事の量でもエネルギー過剰になり
中性脂肪として蓄積するように働いてしまいます。

 

基礎代謝とは、何もしなくても生きているだけで必要なエネルギーで生命維持のために必要なもの。

 

リバウンドを防ぐポイントとは?

 

1ケ月の減量は体重の5%以内に!

 

ダイエットで1ケ月に体重を5%以上減少させてしまうと身体の基礎代謝が下がり
結果的に痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。
(70kgの人なら3.5kg、60kgの人なら3kgを目安に!)

 

毎日3食きちんと食べよう

 

食事の時間が不規則ですと、身体はエネルギーを節約するように働きます。
そのため、食事を摂ると脂肪としてため込もうとします。

 

なので、毎日同じ時間帯に食事をすることが求められます。
バナナ1本でも牛乳1本でも摂ることを、おススメします。

 

有酸素運動と食事のバランスに気をつけよう!

 

折角、適度な運動で新陳代謝をアップさせたのですから、
主食の炭水化物は、糖質が多いため食べすぎに注意しましょう。

 

また、脂っこい食べ物はできるだけ避けましよう。

 

ダイエット中はストレスをためないように!

 

規則正しい生活を心がけて、22時以降の食事は控えましよう。
1週間単位とか1ケ月単位で考えて、時には好きなものを食べるようにしてストレスをためないようにします。

 

もし、体重が停滞気味でもあせらずゆっくりとマイペースを心がけましょう。
継続することが成功への近道です。

 

トップへ戻る