ベルタ酵素飲み方

和食の食材「ま・ご・わ・や・さ・し・い」

「まごわやさしい」という言葉をご存じですか?
毎日の食生活に7品目の食材をまんべんなく取り入れることで
健康的な身体作りができる、という合言葉なんです。

 

食生活が乱れやすい現代人。
無理なく始められる「ま・ご・わ・や・さ・し・い」食材のレシピをぜひチェックして
取り入れてみてはいかがですか。

 

「ま」=豆類

 

 

豆類の食べ物には、納豆、豆腐、油揚げ、味噌などの大豆加工品があります。
大豆は「畑の肉」と言われるほど良質のたんぱく質、ミネラルが豊富です。

 

コレステロールを減らす作用のある脂質も多く含んでいるから
豆腐なら3分の1、納豆なら1パックを毎日食べたいものです。

 

豆類には植物性たんぱく質が豊富に含まれています。
大豆製品には納豆や味噌などのように発酵させたものがおすすめです。

 

豆類の加工食品は季節を問わず多く出回っています。
そのまま食べたり、煮たり焼いたり……摂取しやすい方法で毎日食べたいですね。

 

小豆、えんどう豆、そら豆、」インゲン豆、大豆、落花生(ピーナッツ) など

 

「ご」=ごま

 


昔から「ごま」は栄養価の高い食品として知れわたり、生薬としても用いられてきました。

 

種皮の色によって黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマに分けられていますが、
栄養的にはほとんど差がありません。

 

殻が固く消化しにくいので、すりつぶしたり刻んだりして使うことで吸収率もよくなります。

 

和風のごまドレッシングでサラダを食べるのも一石二鳥ですよね。
いつもの料理に加えることで香りや食感もアクセントになり美味しくいただけます。

 

ごまの他、アーモンド、ピーナッツ、くるみ、ぎんなん、など「ごま」と同じような効果が期待できます。

 

「ごま」の効能

 

・黒ゴマの皮の部分にはタンニン系ポリフェノール色素を多く含んでいる。
・カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛等のミネラルが多く含まれ、
  骨粗しょう症の予防や貧血の改善に効果がある。

 

  タンパク質、食物繊維、ナイアシン、ビタミンA、B1、B2、B6、Eや葉酸が豊富に含まれている。
  ゴマには抗酸化物質として働くリグナンが含まれ、ゴマの代表的なリグナンはセサミンです。

 

  ゴマ自体も抗酸化力を持ち活性酸素が体内で生成されるのを抑え、
  肝臓機能を強化し細胞の老化やガン化を抑制する作用がある。

 

  脂質はオレイン酸、リノール酸が80%を占め、
  タンパク質も豊富に含み、コレステロール抑制効果も高い。

 

「わ」=わかめ

 

 

海藻類の「わかめ」の他、ひじき、のり、昆布、もずくなどは、カルシウムなどのミネラルや食物繊維が豊富です。
体内の塩分を排出する効果は、皆さんご存知ですが、
代謝機能を活発にして若々しさを保つ働きもあり、海藻類は酢や油と組み合わせることで効率よく摂取できます。

 

 

「や」=やさい

 

 

野菜全般を毎日摂りたいですね。
ビタミン、ミネラルが豊富で皮膚や粘膜を健康に保ち病気に対する抵抗力を維持する働きもあります。
野菜の摂取量は、1日350g(1/3は緑黄色野菜、2/3は淡色野菜)の摂取が目安です。

 

生野菜も良いですが、煮たり炒めたりすることでたくさん食べることができます。
夏野菜は身体を冷やす効果がありますが、
土の中の根菜類は、身体を温める効果があり、腸内環境の改善に役立ちますのでおススメです。

 

 

「さ」=さかな

 

 

魚類全般!白身魚も赤身魚も、たんぱく質の栄養価は肉類と同等。
昔から和食の定番のあじやイワシ、サンマ、サバなどはDHAやEPA、タウリンを多く含み、
血液中のコレステロールを減らして血液をサラサラにする働きや疲労回復効果があるのはご存知の通り。

 

肉料理が多い食生活ですが、せめて週に3食は魚料理を食べたいですね。

 

 

「し」=しいたけ

 

 

シイタケの他、しめじ、まいたけ、エリンギ、マッシュルームなどキノコ類には、
ビタミンやミネラル、食物繊維の宝庫なんです。

 

カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富に含んでいて低カロリーだから積極的に摂りたいものです。

 

「い」=いも

 

 

芋類には、じゃがいも、さつまいも、里芋、こんにゃくなどがあり、炭水化物、糖質、ビタミンC、食物繊維が豊富です。
根菜類は、腸内環境を整える働きもあり、じゃがいもやさつまいもは、皮つきで加熱することでうま味や栄養が逃げにくくなるんですね。

 

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」おススメの定番料理

 

具だくさん味噌汁

 

味噌は「まめ」の調味料。
出汁をとるための煮干し(鰹節)]は,そのまま残して具材にします。
わかめ、野菜、きのこ類、いも類も入れて煮込み、
味噌を溶いて刻みネギを入れ、最後にごまを振れば最高!
「まごわやさしい」具だくさん味噌汁 !

 

ひじきの煮物

 

大豆に油揚げ、ひじき、にんじんなどの野菜、干ししいたけ、いも類のこんにゃく、を煮込んで作る定番料理!
しみじみとした美味しさの中にも、「まごわやさしい」が入っている。

 

 

炒り豆腐

 

定番の豆腐のおかず。
豆腐と好みの野菜、干ししいたけを炒め合わせたものに、
あさりの水煮を混ぜ込めば、「さ」(魚)も摂れて美味しさも更に深くなる。

 

 

「まごわやさしい」の食材は、昔からある普通の食品ばかり、
代々受け継がれてきた家庭料理が、「まごわやさしい」で出来ていることに、今さらながらに気付く!
日本食の素晴らしさを伝えてきてくれた、先祖に感謝しつつ、「まごわやさしい」をいつも心に健康食生活!!

トップへ戻る