ベルタ酵素飲み方

ベルタ酵素のエンザミンの特徴

 

ベルタ酵素は、エンザミンでできています。
エンザミンは、
酵素を構成する基材となるということが大きな特徴です。

 

エンザミンは酵素ではなく、
酵素を構成する成分で、

 

酵素様低分子ペプチド
機能性オリゴ糖
その他菌体生産物質
核酸
などが含まれています。

 

 

エンザミンの特徴は低分子
低分子量のオリゴ糖やペプチドは消化されなくても腸管から吸収されるのです。

 

分子量が500と小さいので、かなり吸収性は良いと考えられています。

 

又、エンザミンの酵素様低分子ペプチドは、
腸管からそのまま吸収されることによって
体内酵素の素となります。

 

さらに、
さまざまな植物性オリゴ糖や低分子の活性物質も健康に役立ちのです。

 

エンザミンの特徴 耐熱性
エンザミンの耐熱試験では、121℃で30分の試験をクリアしています。

 

低分子ということで耐熱製にも優れています。

 

サプリメントなどの加工食品は、
必ず85℃で加熱殺菌されますから

 

通常の酵素は、この殺菌工程の加熱によって変性してしまいます。

 

ところが、低分子のエンザミンは、耐熱製にも優れていますので
そのまま製品にできるのです。

 

エンザミンの特徴 耐酸性
エンザミンは、耐酸性試験でPH1.2をクリアしています。

 

酸に強いという事は、胃酸でも変性されずに腸まで届くということです。

 

この耐熱性も、発酵と熟成により低分子化されたためです。

 

通常の酵素は、耐酸性は無く胃酸で分解消化されてしまい
腸に届いたときは、ただのアミノ酸です。

 

エンザミンの特徴 低カロリー

 

一般的な酵素飲料は、100g当り300カロリー前後ですが、
エンザミン自体は、100g当り驚きの1カロリー以下です。

 

エンザミンを配合したドリンクやサプリメントでも100g当り50カロリー前後と
かなりの低カロリーと言えるのではないでしょうか。

 

だから、低カロリーのベルタ酵素 でダイエット !!

 

 

 


 

「ベルタ酵素飲み方」こんな間違いしていませんか?

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る